このフリーソフトのCrystalDiskInfoは、ハードディスクの状態を監視し、壊れる時期の目安などがソフト上で確認できます。

ハードディスクは、結構前触れなく壊れることが多いのですが、壊れてからでは、中のデータを取り出したりなどの作業が出来ない場合がありますが、こちらのソフトは、ハードディスクの起動回数や起動時間、温度などの状態を表示してくれます。

通常の動作では「正常」表示、通常以外で気をつけてねというレベルの場合は、「注意」表示、危ないときは「異常」で表示されます。

また、このソフトを使うと、お使いのパソコンに搭載されているハードディスクのメーカー・型番がわかりますので、御自分でハードディスクを交換したりされるかたは、同じものをお買い求めできます。まぁ、自分で交換できる人は、もっといいものや、容量の大きいものに交換しそうですけどね。

こちらのソフトは、画面右下のタスクトレイに常駐させることができるので、異常を感知した場合などは、ポップアップで表示してくれる機能もあります。

HDD・SDDにも対応しています。USB/IEEE1394で接続されたドライブも一部対応しています。

画像に表示されたデータは、テキストで、クリップボードにコピーできますので、定期的に記録を取られておけば、ハードディスクのダメージ具合がわかりますので、交換の目安の参考になるのではないでしょうか?

こちらのソフトはフリーソフトになります。

直接リンクは、こちら

VECTORからもダウンロードできます。下記バナーをクリック


 

CrystalDiskInfo

Share