Windows10から、Windows7・Windows8.1に戻す方法

【PR】「あのプロダクトキー、どこいったっけ?」を即解決するソフト

Windows7や、Windows8.1からWindows10にアップグレードをして、やっぱり、元のOSに戻したいという方は、多少なりおられると思いますが、その方法を掲載します。

いつでも、元のOSに戻せるわけではありませんので御注意ください。

また、Windows10にアップグレードされる場合は、必ず元のOSで「バックアップディスク」の作成をお願いします。

バックアップディスクがあれば、期間関係なく、元のOSに戻したいときに、バックアップディスクを使って、元のOSにパソコンを戻すことができます。

バックアップディスクの作成方法は、OSで操作が違いますので、ご不明な場合は御問い合わせください。

【Windows10から、Windows7・Windows8.1に戻す方法】

  • 以前のバージョンの Windows に戻すには、[設定]  、[更新とセキュリティ] [回復] の順に選びます。 以前のバージョンに戻すことができる期間は、アップグレード後に PC で実行されている Windows 10 のバージョンによって異なります。 たとえば、PC で Windows 10 バージョン 1511 が実行されている場合は、1 か月以内であれば以前のバージョンに戻すことができます。 Windows 10 バージョン 1607 以降が実行されている場合は、10 日以内であれば戻すことができます (アップグレード後に PC で実行されている Windows 10 のバージョンを確認するには、 [スタート]  ボタンを選び、[設定]  、[システム][バージョン情報] の順に選びます)。

  • 以前のバージョンに戻すことができない場合は、PC を出荷時の設定に戻してみてください。 出荷時の設定に戻すと、PC に付属していたバージョンの Windows が再インストールされ、個人用ファイル、インストールしたアプリとドライバー、設定に加えた変更はすべて削除されます。 [設定] [更新とセキュリティ] 、[回復][この PC を初期状態に戻す][開始する] の順に移動し、[出荷時の設定に戻す] を選びます。

  • または、 以前のバージョンの Windows のプロダクト キーをお持ちの場合は、メディア作成ツールを使って Windows 8.1 または Windows 7 のインストール メディアを作成し、それを使ってクリーン インストールを実行します。

 
Share